トップ / ブログ / 検索結果

IoTプラットフォーム「Andes」のバージョンアップを実施

IoTプラットフォーム「Andes」をバージョンアップしました。

Andes」のバージョンアップした内容について

Elasticsearch Service」とKibanaが5.5にバージョンアップ、それに合わせて「Andes」もバージョンアップ対応を実施しました。今回のバージョンアップにより、いくつかの機能が追加されました。また、「Andes」の標準機能も追加し、IoTプラットフォームとして機能を充実させております。オークネット・アイビーエスでは、今後もバージョンアップ対応をおこない、より一層お客様が使いやすくなるよう対応させていただきます。

IoTイメージ

バージョンアップで追加された機能

  • タイムラインの使用可能となり、データ可視化できるようになりました
  • Kibanaからdev toolsで取得したセンサーデータを出力できるようになりました(※JSON形式のみ)
  • 上記以外の機能も追加されています

Andes」の機能追加について

  • 各デバイス毎に閾値を設定して、その閾値を超えた場合にアラートメールの送信を設定できます
  • アラートメールの閾値設定については、WebAPIで提供しています


Andes」のご紹介

オークネット・アイビーエスが提供ているIoTプラットフォーム「Andes」は、既に飲食業界などで活用されているIoT サービスです。IoTデバイスのSDKも用意しており、複数の言語に対応しています。お手軽にお試しいただける、期間限定のフリープランも用意しています。このブログをご覧の皆さま、是非ともこの機会に「Andes」をお試しください。

フリープランに利用事項(抜粋)

  • 利用にあたってはお申込書が必要です(別途お送りします)
  • Andes」を無料で利用できる期間は30日間です
  • 接続できるデバイス数は10個となります
  • 基本メッセージ数は100,000です

※フリープラン及び有償プランにつきましては、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。


Andesの構成

Andes構成図

Author awa.p! 2017/11/01 02:30