トップ / ブログ / 検索結果

プロトタイプ・UI/UXの考えた方について

今回は、システム構築に欠かせないプロトタイプについて、
オークネット・アイビーエスの考えるプロトタイプ・UI/UXについてご紹介します。

プロトタイピングの重要性

システム開発の現場では、ついつい機能を実装することで手一杯になってしまいますよね。
でもその機能、本当に使ってもらえるでしょうか?
画面構成やUI設計によっては「使いにくい」「誤解される」「気づかない」なんて状況になることも…。 こんな状況を早期発見&解決しやすくするのがプロトタイピングです。

とにかく動かすことの効果

プロトタイピングは「実際に使って試せる」プロトタイプを初期に作ってからPDCAを回して効果を得るわけですが、もちろんプロトタイプを作る&更新する工数がかかります。
ここがネックになってなかなか導入に踏み切れないケースも多いでしょう。
しかし実際に導入してみると工数が減る場面も出てきました。
このプラス・マイナスから、プロトタイピング導入が効果的かが見えてくると思います。

ワイヤーフレームを無くしてみた

以前はオークネット・アイビーエスもパワーポイントやエクセルでワイヤーフレームを作っていました。これも1つのプロトタイプです。
しかしユーザーの操作や環境によって複雑に変化するシステムではワイヤーフレームも複雑になり、その制作をするだけでかなり時間がかかるようになってきていました。
そこでHTMLでプロトタイピングを導入しました。
まずはコアメンバーだけで主要な機能のみを「とりあえず動く状態」まで作ってみました。

動かしてみたら機能がシンプルになった

パワポのワイヤーフレームは誤解を防ぐために説明的になりすぎる傾向があるのですが(ウチだけ?)、実際に動くプロトタイプを作ってみると、動きや配置・配色で省略できる画面や機能に気づくことが多く、結果、シンプルなUIを作ることにつながったのです。
また、省略することへの合意もプロトタイプにより得やすくなりました。

ゴールが共有しやすくブレにくい

これはプロトタイピングの効果でよく挙げられますが、まず開発メンバーに「何を作るのか」を伝えることが、とても簡単になりました。
そうするとコアメンバーだけでは気づかなかった改善点や開発の効率アップ案も出てきて、よりブラッシュアップが進むことに。
さらに嬉しいのは、クライアントとのゴールも共有できることです。出来てみたら「思ってたのと違う」と言われて変更が入る…、なんてホラーですよね。
静的なワイヤーフレームでは頭に思い描くゴールに幅が出てきますが、プロトタイプはその幅をかなり狭められます。
変更が減る、これほどの効率アップはありませんよね。

紙ベースの資料が残しにくい点も

もし、そのプロジェクトが会議の記録を紙ベースの資料で納品する必要がある場合、プロトタイピングはちょっと面倒も引き起こします。
プロトタイプを使った会議は議事録として文字に起こすのも、画像を貼って説明するのも時間がかかるからです。簡単なのは会議の動画を撮ることくらいでしょうか…?(紙じゃないですが)

プロトタイピングが効果的か見極めを

以上のように効率アップが見込める部分と、そうでない部分が判ってきてからは、大なり小なりプロジェクトに取り入れています。
プロジェクトの規模や納品物の内容、それからプロトタイプ自体の難易度にも左右されるので、簡単には効果を判断できないところもありますが「使えそうだな!」と思った方はぜひ取り入れてみてください。

次回はプロトタイピングツールについて書こうと思います。オークネット・アイビーエスは基本的にHTMLで組んでしまうので、あまりツールを使わないんですけどね。

Author shirogane 2017/03/08 01:00