Konpekiのキービジュアル

Konpeki

Konpeki(紺碧)は、ディープラーニングを利用した車両画像識別システムです。 ライブラリーとしては、Google社が開発した機械学習に用いるためのOSSライブラリーTensorFlow を採用しています。


Konpekiの概要

Konpekiは、オークネット・アイビーエスがクラウド技術で培ったノウハウとオークネット内にある大量の自動車画像データとテキスト情報をTensorFlowをつかった機械学習をおこなった結果、完成した車両画像識別システムです。 また、判定対象となる車種・型式の拡大と判定精度の向上を目指し、学習モデルを日々進化させています。


Konpekiのデモムービー

Konpekiのアーキテクチャー

  • 機械学習OSSライブラリーとしてGoogle社が開発したTensorFlowを利用
  • 実行にはGoogle Cloud PlatformのCloud Machine Learningを使用

Konpekiの概要

Konpekiの主な機能

  • 各写真に対する「フロント」「リア」「カーナビ」などの部位判定
  • 車名および「DAA-ZVW50」「CBA-TRJ150W」などの型式判定

Konpekiの活用事例

  • 自動車の外装と内装合わせて37パターン判別する機能
  • 自動車パーツごとの判別、自動並べ替え機能

Konpeki実行画面

Konpekiの実行画面



Konpekiのご利用は以下より、お試しいただけます。