Andyのソリューションページをリニューアル

顔認証サービスAndyの紹介ページをより分かりやすいようにリニューアルしました。

Andyは、簡単に顔認証サービスを利用することができる顔認証プラットフォームです。 顔認証するためのデバイスは専用端末ではなく、iPad用のアプリ『NicoNicoAndy』をApp Storeにリリースしてますので、どなたでもお気軽にお試しいただけます。

オークネット・アイビーエスが開発したAndyの概要やアーキテクチャーを紹介していますので、ご興味ある方はぜひともご覧ください。

画像

iPad mini 設置画像 (OVE様にて)

上記画面には、顔パシャでスタンプを獲得した時に表示される画面です。8か所のお店でスタンプを獲得しているので、お店ごとで異なる絵柄のスタンプが8つ押されています。

Andyとニコパスとの違いについて

「Andyの顔認証サービスを街のイベントや小売店舗で使いたい。」「顔認証サービスを使って、紙ではないスタンプラリーを実施してみたい。」 顔認証サービスを販売促進や集客に使いたいと思っている方はおられませんか? そのような販促ツールとしてご利用いただけるのがAndyの顔認証プラットフォームを活用したニコパスとなります。このニコパスは、顔パス・スタンプラリーとして、バイシクルタウン青山で実際に利用されていました。その実施結果は、過去のAIBSブログに掲載していますので、ぜひともご覧ください!

NicoNicoAndyのトライアルはいつでもできます。ぜひともお試しください。

顔パス・スタンプラリーについては、お気軽にオークネット・アイビーエスまでお問い合わせください。

BLOGオークネットIBSブログ

SODAIが各種ニュースサイトに掲載されました

AIを活用した粗大ゴミ画像認識サービス「SODAI Vision API」の横浜市サイト導入がYahoo!をはじめ各種ニュースサイトに掲載されました。

横浜市サイトでSODAIが導入開始

横浜市サイトの粗大ごみ受付チャットボットへ「SODAI Vision API」が導入されました。

日経 xTECH EXPO 2019 に出展します

2019年10月9日(水)〜11日(金)で開催される「日経 xTECH EXPO 2019」に出展します。

第4回 Amazon SageMaker 事例祭り

第4回 Amazon SageMaker 事例祭りに、弊社黒柳が登壇しました。

【EDIS(エディス)】が書籍に掲載されました

デジタル戦略メディアである「日経クロストレンド」が編集した書籍『ディープラーニング活用の教科書』が、2018年10月25日に日経BP社より刊行されました。

環境改善AIサービス【EDIS(エディス)】

オークネット・アイビーエスはこのほど、AI(人工知能)による環境改善サービス【EDIS(エディス)】を開発&リリースしました。

顔パス・スタンプラリー実績報告

【2018(SPRING)バイシクルタウン青山 スタンプラリー】の実績報告です。

顔認識と顔認証はどう違う?(後編)

「お母さんですよ、ドアを開けて。」蜂蜜を食べて声を良くしたオオカミはチョークで白く塗った手を窓から見せて言いました。窓があるのに顔を確認しなかった子ヤギ達は次々に食べられてしまいました。

顔パス・スタンプラリー経過報告

【2018(SPRING)バイシクルタウン青山 スタンプラリー】の経過報告です。