環境改善AIサービス【EDIS(エディス)】

オークネット・アイビーエスはこのほど、AI(人工知能)による環境改善サービス【EDIS(エディス)】を開発&リリースしました。

EDIS(エディス)】は Environmental Defects Improvement System の略称です。 「PCB(=ポリ塩化ビフェニル)」を含む蛍光灯等の安定器の分別・調査のために、作業現場で実際にご利用いただいております。

PCBとは、人工的に作られた油状の化学物質です。 PCBの特徴として、水に溶けにくく沸点が高い、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高い等の性質を有することから、電気機器やノンカーボン紙などに使用されていました。 一方で、人体に対する毒性が高く、発がん性やホルモン異常を引き起こすことが判明し、日本では1975年に製造及び輸入が禁止されています。 ただし、現在でも古い工場や学校などの照明機器にPCBが使用された安定器が残っていることがあり、廃棄処理は完全ではありません。 カネミ油症事件から今年で50年が経った今、迅速な廃棄処理が求められています。

画像

PCB安定器の調査は、建造物の蛍光灯部分を開けて、安定器のメーカー・型番・年式等をひとつずつ確認し、PCBの含有判定するという大変な労力を必要とする作業です。 【EDIS(エディス)】では、スマホの専用アプリで安定器を撮影し、「メーカー」を入力していただくだけで、PCBの含有を瞬時に判定できます。 アプリで撮影したデータはクラウド上で管理され、他作業員や事務スタッフともリアルタイムで共有できます。 作業効率化の一助となるよう報告書作成も自動化しました。

今後もオークネット・アイビーエスが開発したAI(人工知能)サービスを、皆様の身近な場面でさらに活用できるよう提案していきたいと考えております。 環境改善AIサービス【EDIS(エディス)】にご興味をお持ちいただけましたら、是非お問い合わせくださいませ。

BLOGオークネットIBSブログ

TBSラジオにて横浜市サイトのSODAI導入が取り上げられました

「SODAI Vision API」がTBSラジオ「森本毅郎 スタンバイ!」の「現場にアタック」コーナーで取り上げられました。

SODAIが各種ニュースサイトに掲載されました

AIを活用した粗大ゴミ画像認識サービス「SODAI Vision API」の横浜市サイト導入がYahoo!をはじめ各種ニュースサイトに掲載されました。

横浜市サイトでSODAIが導入開始

横浜市サイトの粗大ごみ受付チャットボットへ「SODAI Vision API」が導入されました。

日経 xTECH EXPO 2019 に出展します

2019年10月9日(水)〜11日(金)で開催される「日経 xTECH EXPO 2019」に出展します。

第4回 Amazon SageMaker 事例祭り

第4回 Amazon SageMaker 事例祭りに、弊社黒柳が登壇しました。

【EDIS(エディス)】が書籍に掲載されました

デジタル戦略メディアである「日経クロストレンド」が編集した書籍『ディープラーニング活用の教科書』が、2018年10月25日に日経BP社より刊行されました。

環境改善AIサービス【EDIS(エディス)】

オークネット・アイビーエスはこのほど、AI(人工知能)による環境改善サービス【EDIS(エディス)】を開発&リリースしました。

顔パス・スタンプラリー実績報告

【2018(SPRING)バイシクルタウン青山 スタンプラリー】の実績報告です。

顔認識と顔認証はどう違う?(後編)

「お母さんですよ、ドアを開けて。」蜂蜜を食べて声を良くしたオオカミはチョークで白く塗った手を窓から見せて言いました。窓があるのに顔を確認しなかった子ヤギ達は次々に食べられてしまいました。